CD
韻踏合組合 / TRASH TALK [CD]
58942b619821cc8750000862

韻踏合組合 / TRASH TALK [CD]

残り1点

¥2,916 税込

¥25,000以上の購入で送料無料

送料についてはこちら

今や関西いや西日本のヒップホップシーンの中核を担っていると言っても過言ではない韻踏合組合。各専門誌で絶賛された前作『ジャンガル』から2年半。着実にスキルとシーンにおけるプロップスを重ね続け、遂に4枚目のフルアルバム『TRASH TALK』を完成させた。完全自主ながら3ヶ月連続リリースされた彼らの『赤盤』『青盤』『黄盤』は様々な方面にて大きな反響を呼び、改めて韻踏合組合に対するシーンからの注目度の高さを証明する結果となった。その入手困難であった3作品から厳選された収録曲に新曲を3曲加えた今作はまさに日本語ラップファン待望のアルバムと断言して差し支えないだろう。プロデュースにはKREVAが先日リリースしたシングルで起用するなど全国的にも注目を浴びている盟友・エビスビーツ、元・脱線3のキング3LDK、客演には餓鬼レンジャーのポチョムキンやガグルのハンガーが参加するなど話題も抜群。2006年・関西より韻踏合組合が怒涛の快進撃を全国に向けて開始する。 TRACK LIST: 1. Iitro - Erone 2. Mo.Gu.Ri. - 韻踏合組合 3. Wakin' Big pt.2 - Sattussy, 遊戯 feat.Gazzila 4. The Show (Remix) - 韻踏合組合 5. ライマーズ・ハイ pt.2 - Chief Rokka 6. 道頓堀ナイツ - Chief Rokka 7. 口癖 - Chief Rokka 8. ER-1 緊急救命室 1 - Erone 9. ラッパ?ズチャンプル - 韻踏合組合 feat.Hunger (Gagle), ポチョムキン (餓鬼Ranger), Youth, Takase (Hi King) 10. TRASH TALK - 韻踏合組合 11. D-RULE - Head Bangerz 12. Kansaiiiii - Head Bangerz feat.Gazzila 13. MISSION - Head Bangerz 14. BACKYARD - Head Bangerz 15. WATER DANCE - 韻踏合組合 PROFILE: 『韻踏合組合』全国にその名を轟かす大阪を代表するクルー。合体と脱退を繰り返し、SATUSSY、ER-ONE、DJ KAN(以上CHIEF ROKKA)、HIDA、遊戯、DJ KITADA KEN(以上HEAD BANGERZ)、imanakaという現在のかたちに。 これまでに未発表音源集「IFK VOL.0」を皮切りに「CRITICAL 11」,「INFUMEMAS...EP」,「ジャンガル」とたて続けに作品を発表、大きな話題を生むとともに、各方面から多大なる評価を受ける (REMIX誌2003年度ヒップホップアルバム1位、BLAST誌2003年度アワード8位、他)。その動きはクルー内にとどまらず、大阪発のコンピ レーション「420 VOL. 1、2、3(11/26に発売されたばかり)」への参加や、神戸が生んだ敏腕トラックメイカーDJ NAPEY「ILL FINGER」への楽曲提供、東京アンダーグラウンドシーンの雄、降神や、神奈川のハードライマーICE BAHNとのコラボレーションなど、全国にその強力なエネルギーを波及させる。 発足以来、常に大きな影響力を見せつけてきた韻踏合組合。2006年、再び生み出されるニュ-アルバムとともに、その波はさらに大きなものとなって押し 寄せるだろう。 『CHIEF ROKKA』 韻踏合組合大阪本部。MCのSATUSSY、ERONE、DJ KANからなるグループ。 組合長でもあるSATUSSYと復活を遂げたERONEとのコンビネーションは無敵。これまで、IFK作品の他にも、大阪発のコンピレーショ ン、Private Missionへの楽曲提供(国際地下)や、東京アンダーグラウンドシーンの代表格、降神とのフィーチャリング、ニルギリスのリミックス.など活躍の場 は多岐に及ぶ。またDJKANはクラブプレイと共に、MIX CDや楽曲制作等活動を精力的に行なっている。IFKとして、またグループとしても近い将来新たなクラシックが発表される予定。そのライブは一見の価値 と家一軒の価値あり。 『HEAD BANGERZ』韻踏合組合大阪本部。MCのHIDA、遊戯、DJのKITADA KEN からなるグループ。(メントルはHBを脱退、ソロとして活動。)それぞれソロで活動していた3人が2000年に結託、グループとして活動を開始し、それを機に数多くのライブをこなしその名を各地に知らしめる。同じく 2000年には組合内で唯一グループ単体で自主盤アルバム「HEAD BANG」をリリース、好調なセールスを記録する。またDJ KITADA KENはプロのインラインスケーターとしても活躍する異色の経歴をもち、IFK作品にスクラッチにて参加する他、MIX CDも次々に発売中。HEAD BANGERZは、IFKを飛び出しての活動も数多く大阪を代表するMC、R.Y.Wや、神奈川のICE BAHNとのフィーチャリングもこなし、IFKの核弾頭として大いに暴れ回っている。