CD
ANDERSON .PAAK / MALIBU [CD]
589d692600d331b2dc0005d2

ANDERSON .PAAK / MALIBU [CD]

残り1点

¥2,484 税込

¥25,000以上の購入で送料無料

送料についてはこちら

ここ10年の西海岸シーンで、最高級の才能と最大級の注目!!あのDr.ドレーも惚れた天才シンガー/ラッパー/プロデューサーアンダーソン・パックによる、ブレイク決定打のセカンド・アルバム!!Dr. ドレーの「耳」を虜にした、ケンドリック・ラマー級の才能に西海岸シーンからも期待度最高潮。Dr.ドレーの復帰作『Compton』にて16 曲中6 曲もフィーチャーという異例の大抜擢により、瞬く間に現在の西海岸シーンにおける最大級の注目を集める存在となったアンダーソン・パックが、絶妙のタイミングでセカンド・フル・アルバムをリリース!! シンガー/ラッパーとプロデューサーのどちらでも類まれな才能を持つ彼が、その全てをつぎ込んで完成させた『Malibu』は、Dr.ドレー同様、彼の音楽を愛して止まない超一流のアーティストがメジャー/インディーから集結。プロデューサーとしてロバート・グラスパー、マッドリブ、9th ワンダー、ケイトラナーダ、DJ・カリルら、多彩な方面からそれぞれの代表選手ともいえる面々がアンダーソンと共に楽曲を制作。フューチャリスティックでアーバンなソウル、ヒップホップ、ファンク、ジャズ、そしてダンス・ミュージックをシームレスに繋いだそれは、まさにオッド・フューチャーの面々とフライング・ロータス率いる の間の溝を埋めるような衝撃サウンド!! そんな“テン年代らしさ”を爆発させつつも、随所に往年のウェッサイのような甘いレイドバック感を匂わせるところも◎。そしてフィーチャリングには、ザ・ゲームやブラック・ヒッピーのスクールボーイ・Q、タリブ・クウェリ、同じく『Compton』に参加していたモータウン所属のシンガー、BJ・ザ・シカゴ・キッドら人気アーティストが参加し、ここでもアンダーソンに対するシーンからのプロップス/期待度の高さが伺える! これで期待するなというほうが無茶ともいえる、西海岸シーンの未来を担う才人による大傑作が誕生!! (帯・日本語解説付国内仕様盤)。 TRACK LIST : 1. The Bird [Produced by Anderson .Paak] 2. Heart Don't Stand A Chance [Produced by DJ Khalil] 3. The Waters feat. BJ The Chicago Kid [Produced by Madlib] 4. The Season | Carry Me [Produced by 9th Wonder & Callum Connor] 5. Put Me Thru [Produced by Anderson .Paak] 6. Am I Wrong feat. ScHoolBoy Q [Produced by Pomo] 7. Without You feat. Rapsody [Produced by 9th Wonder] 8. Parking Lot [Produced by Anderson .Paak & Jose Rios] 9. Lite Weight feat. The Free Nationals United Fellowship Choir [Produced by Kaytranada] 10. Room In Here feat. The Game & Sonyae Elise [Produced by LIKE] 11. Water Fall interluuube [Produced by Chris Dave & The Drumheds, Robert Glasper] 12. Your Prime [Produced by DJ Khalil] 13. Come Down [Produced by Hi-Tek] 14. Silicon Valley [Produced by Dem Jointz] 15. Celebrate [Produced by Anderson .Paak & Vicky Farewell] 16. The Dreamer feat. Talib Kweli & Timan Family Choir [Produced by Callum Connor] PROFILE : Anderson .Paak ブランドン・パック・アンダーソンことアンダーソン・パックは、1986 年生まれ、カリフォルニアはオックスナード出身のシンガー/ラッパー/プロデューサー。2012 年にブリージー・ラヴジョイ(Bleezy Lovejoy)名義にてデビューEP『O.B.E. Vol.1』を発表し(後にドイツの よりアナログ・リリース)、その後、現在のアンダーソン・パック名義に改名。トキモンスタのEP『Desiderium』にフィーチャーされたことで耳の早いリスナーから注目を集め、2014 年にアンダーソン・パックとしてのデビュー・アルバム『Venice』をリリース。Rolling Stone 誌の特集「あなたが知るべき10 人のアーティスト」に選出されるなど、各種メディアも絶賛する中、あのDr.ドレーの復帰作『Compton』にて6 曲もフィーチャーされるという異例の大抜擢により、瞬く間に西海岸シーンの新世代を代表する存在となる。さらに、ポストJ・ディラの筆頭格として期待されるプロデューサー、ノレッジ(Knxwledge)とのコラボレーション・ユニット:ノー・ウォーリーズ(Nxworries)としてもStones Throw からアルバム・リリースを控えると、メジャー/インディーの垣根を超えてファンを獲得し続ける中、待望のセカンド・アルバム『Malibu』をリリース。