COLTECO / BASTARD 7TH [CD]
591d7ccced05e6121e0000b9

COLTECO / BASTARD 7TH [CD]

残り1点

¥1,980

¥1,584 税込

20%OFF

¥25,000以上の購入で送料無料

送料についてはこちら

「未だ見ぬバンド"Colteco"初めての音源を初めて聴かせて貰う機会を頂いた。が、この洗練された音の塊はバンドサウンドの創る音源とは一味違うモノであった。シンプルなドラムトラックの上に広がる人間味のあるローズやピアノ、ベース、ギターの音がループを繰り返し、時に生々しいドラムがその沈黙を解き放つ様にその全ての楽器が交互して、時に回想的に、時にウネリを従えてストーリーは続く。録音物とは異なる世界を見せてくれるであろう"Colteco"のライブを体験するのも楽しみでしようがない」 - CRO-MAGNON / コスガ ツヨシ - 「"SATO Beats"の遊び心が、"Colteco"という新たなオモチャを手に入れ、また音で遊び始めた。様々な可能性を秘め、無意識にも人を踊らせる。厄介な事に中毒性もある・・・これが"Colteco"か。」 - TROOP RECORDS / 市原 誠 - 突然結成され、その1回目のLiveで各地のフェスに名前が上がるなど、現在加速度的に注目を集める次世代トリオ"Colteco"、結成わずか半年足らずで完成させた1st miniアルバム"Bastard 7th" を突然の全国リリース。リミキサーには、Monkey SequenceとLIVING DEADが参加!! 昨年リリースされた"Almost feel"がTSUTAYAインディーズチャートで第2位、TBPR"LENZ2"へ楽曲提供、TVのCM制作、Yas-pachino×Sato BeatsでJohn Robinsonをフィーチャーした12inchがJazzy Sportよりリリースされるなど、国内外問わず注目を集め続けるSato Beatsをプロデュース&ギターで迎え、自身のバンドHubbの他、九州では数あるバンドからサポートを依頼される鍵盤奏者Yohei、そしてメジャーデビューまで経験したバンドのドラムを担当してきたBanchoによって構成されるExperiment Band Trio / Nu School Jam Band。演奏される音楽は、Dance,Jazz,Rock,Electoro,様々なジャンルを盛り込み、清涼感のある軽快でグルーブに満ち溢れた素晴らしいサウンドとなっている。またSato Beatsが制作する楽曲もバンドならではの起承転結が効いており、聞く人を限定せず、音楽性を格段に広げた内容にも注目できる。彼の音楽を知っている人はいい意味で裏切られます。ポップに優しく鳴り響くメロディーと、音楽好きをも唸らせるルードなサウンドが一体となったフューチャーミュージックは美しくも攻撃的!!結成半年とは思えない程の完成度を誇る名盤です。 TRACK LIST : 1. Hello 2. Mystery city 3. Explosion 4. Don't wanna know 5. Sun 6. Dream like story 7. I'm sorry Remix version 8. Mystery city (Living dead dub Remix) 9. 未定 (Monkey Sequence 19 Remix) PROFILE : Colteco トラックメイク、プロデューサーとして確かな支持を集めるSato Beats(pro&g)を中心にYohei(kei)、Bancho(dr)で結成されたExperment Band Trio。エモーショナルな世界観とjazz feeling。クラブミュージックとバンドサウンドの見事な融合。どのジャンルにも収める事のできない自由な音楽を展開する。そのほとんどの楽曲がインストゥルメンタルであり、即興(ドラム以外が練習嫌いの為)で演奏されるメロディはJam Bandの形である。結成して1週間後のライブで各地のフェスに出演の声が上がるなど、その存在感を早くもアピールし、音楽関係者より注目を集めている次世代バンドである。 PROFILE : Sato Beats 福岡出身、音つくる人。これまでにEccy+Shingo2「halo:ten」のRemixワーク、NAGAN SERVER「MU ROOTS EP(12inch)」のRemix、術の穴よりリリースのBOSA2「RISTORANTE B」の全トラックプロデュースを手掛け各店よりチャートイン。海外ではリトアニアの「Monday jazz」にMix提供や、ドイツのPROJECT MOON CIRCLEのコンピレ?ションに参加、イギリスのRhythm IncursionsでGuest Mixを行ない、アメリカのサイト「praverb.net」では世界の100人Beat makerに選ばれるなど、国内外問わず関係者やシーンから確かな支持を獲得。2010年に1st Album「From AM 0:00」リリースして以降、全国の土地でLive,DJプレイを行い高い評価を得ている。そして2011年に2nd Album 「Groovit Stance」をリリースし実力派アーティスト達と見事な共演を果たした。2012年はDance musicを中心に構成された作品「For The Moments」をリリースし、これまでのシーン以外からの注目も集めている。2013年は韓国のレーベル「Alive」のアーティストを全曲プロデュースし、韓国ツアーにも招待された"Nervine"が世界へと発信されたばかり。韓国内では雑誌やサイトに取り上げられるなどの高評価を得る。そのすぐさま3ヶ月後、Jazz作品である「Almost feel」をリリースする。TSUTAYAインディーズチャートで第2位。その他、ファッションビルのオープニングセレモニーの楽曲提供や、TVのCMソング制作など幅広く活動中。今後はYasu pacino × Sato Beats名義でJazzy Sportより12inchのリリース、シンガーJunnのアルバムプロデュース。そして自身が作曲&ギターで所属するExperiment Jazz Band "Colteco"の1st 作品を製作中。