GAGLE / Vanta Black [2LP]
5a56f2b6428f2d618d000d18

GAGLE / Vanta Black [2LP]

¥4,644 税込

¥25,000以上の購入で送料無料

送料についてはこちら

HUNGER、DJ Mitsu the Beats、DJ Mu-R。Jazzy Sportをリードするミュージック・アスリート/ヒップホップ・グループGAGLEの、オリジナル・アルバムとしては約4年振り/6枚目となるニュー・アルバム『Vanta Black』が、限定アナログ2LPでリリース!! GAGLE待望の6thオリジナル・アルバム『Vanta Black』が、2枚組アナログ盤で限定プレス!! HUNGER、DJ Mitsu the Beats、DJ Mu-R。Jazzy Sportをリードするミュージック・アスリート/ヒップホップ・グループGAGLEの、オリジナル・アルバムとしては約4年振りとなるニュー・アルバム『Vanta Black 』がここに完成した!  インターバルとなるこの4年間も、GAGLEは全国各地でのライブ・パフォーマンスは元より、本作にも収録されている「Bohemian Style」のアナログ7inchリリース、バスケットボールチーム89ersのオフィシャルソング『ALL OUT』をCDシングル・リリースする等、精力的な活動を展開。  HUNGERはモンゴル、アメリカ、オーストラリア、タイ、韓国、日本の6カ国のアーティストとのコラボレーションも展開したソロ・アルバム『SUGOROKU』を2016年にリリース、RHYMESTERの最新アルバム『ダンサブル』収録の「爆発的」をはじめ、Featラッパーとして数多くの作品で客演。  DJ Mitsu the Beatsは、世界的トランぺッターとして活躍する黒田卓也とのコラボレーション7inch『Autumn Leaves』、敬愛するJ Dillaへのトリビュート・コンセプト作『Celebration of Jay』やインスト・コンセプト・シリーズ『Beats Installments』シリーズのアルバム作品と、ソロ作をワールドワイド・リリース。加山雄三のクラシック”君といつまでも” のECD x DJ Mitsu the Beats でのリミックスも大きな話題を集めた。  そしてDJ Mu-Rも、Mix CD作品のリリースやディープハウス~テクノ・シーンともシンクロするエクレクティックなDJ活動の展開、と各メンバーのソロ・ワークやサイド・プロジェクトも精力的に展開してきた。  そして、この4年間の音楽的な進化、更なるメッセージの広がりと深み…再び怪物的な成長を遂げたGAGLEの集大成として届けれたのが、本作『Vanta Black』。文字通り新しい領域の”黒”ミュージックへの挑戦となる。  アルバムはDJ Mitsu the Beatsによるプロデュース作品を中心に展開。ソウル、ジャズをはじめとするブラック・ミュージック・ルーツなサウンド/ムードを軸に、ダブ、エレクトリック・サウンド、ハウス/ディスコ、ワールドミュージック等を取り入れた多彩な音楽性、革新的なビート/グルーヴ・サイエンスを展開した、刺激的なサウンドになっている。  ゲストMC/ヴォーカリストには、鎮座DOPENESS 、KGE THE SHADOWMEN、菅原信介、Mitsuyoshi Nabekawa (ATATA)、ゲストミュージシャンには黒田卓也、金子巧(cro-magnon)が参加。  ハープ、オルガンが温かく雄大なムードを色づける「Vanta Black」に始まり、エキゾチックなリズムに鎮座DOPENESS 、KGE THE SHADOWMENとのスリリングなセッションが繰り広げられる「和背負い」、黒円盤=音盤=音楽への愛と想いと共に”Life With Music”をソウルフルに唄う菅原信介をFeatした「小こい円盤」、そして Mitsuyoshi Nabekawa (ATATA) によるシンガーソングライター的歌世界とヒップホップの融合がハートフルに展開される「日日Living」、人が繰り返してしまう争いと未来への想いを父の目線から綴った曲「FLOW」、そしてGAGLEの音楽人生の集大成ともいえる名曲の風格を漂わせる「Always」迄。珠玉の12曲の音の旅路が、ここに温かく刻まれている。  アートワークは2007年リリースの3rd アルバム”3 PEAT”以来となるQUES(BRAINFEEDER)が担当。 『Vanta Black』とは Vanta Blackとは、ナノチューブから構成される,可視光の最大99.965%を吸収する既知の最も黒い物質を意味する。「成長」する垂直なチューブの森から成っており、ヴァンタブラックに光が当たると、それを跳ね返すのではなく捉えて、チューブ内を何度も屈折させ、最終的には熱になるという。 TRACK LIST : SIDE A 1. Vanta black 2.flow 3.適者生存 SIDE B 1.Bohemian Style 2.和背負い feat. KGE & 鎮座 3.小こい円盤 feat. 菅原信介 SIDE C 1.うつろぎ 2.Black Rose 3.CHAOS SIDE D 1.Always 2.日日Living 3.Grand Gainers GAGLE プロフィール 1996年結成。DJ MITSU THE BEATS, HUNGER, DJ Mu-Rの3人からなる仙台在住のHIP HOPアーティスト。 2001年「BUST THE FACTS」でデビュー。時代とリンクしながらも譲らない曲制作と高い音楽性、卓越したライブパフォーマンスで着実にファンを獲得している。 数々のライヴイベント、音楽フェスティバルの出演を経て、2018年1月12日待望の6枚目のアルバム『Vanta Black』をリリースする。 トピックス ・GAGLE "仙台のバスケットボールチーム89ersのオフィシャルソングとして制作された GAGLEの CDシングル『ALL OUT』2017年12/8リリース" ・GALGE "NHK総合「さよならガレキ ようこそビキニ ~あの日から7年目の七ヶ浜~」出演" ・HUNGER"Abema TV「ラップスタア誕生」に審査員としてレギュラー出演中" ・HUNGER"RHYMESTER / ダンサブル 収録 “爆発的” HUNGER客演" ・HUNGER"RHYMESTER / KING OF SATEGE ダンサブル Release tour 2017 HUNGER参加" ・青少年のための生きる技術としてのゲージツ学校「詩」講師担当 2017.8 ・DJ Mitsu the Beats"仙台楽天イーグルス球場の場内音楽のディレクション/制作" ・DJ Mitsu the Beats"モントルージャズフェスティバルジャパン2017に出演" ・DJ Mitsu the Beats”BOSE presents Spotify マンスリーセレクションを1年間 (2016.11月~2017.10月)を担当" ・DJ Mitsu the Beats "加山雄三のクラシック”君といつまでも” を ECD x DJ Mitsu the Beats でリミックス" ・DJ Mitsu the Beats ”ビートメイカー/アーティストのスタジオ/ビートメイキング風景を収めた写真集『BEHIND THE BEAT』の続編たる『BACK TO THE LAB』 に自宅スタジオが4P掲載される。日本人では他にDJ Juco のみ” ゲスト参加アーティスト・プロフィール 「M5.和背負い feat. KGE THE SHADOWMEN & 鎮座DOPENESS」 KGE THE SHADOWMEN 千葉県出身のHIPHOP Artist。 1st Solo Album『NEWGIGANTE』をリリースし、その後盟友HIMUKIとタッグを組みKGE&HIMUKIとして3枚Albumをリリースし今現在も全国のClubを中心に活動している。日本語ラップArtist屈指のフロウ巧者として名を馳せる一方、ONE DAYやPSYCHO CARNIVAL、犬の十戒をモチーフに書いた詩で話題となった十戒など、リリックにおけるコミカルなトピック達もまた彼の醍醐味と言える。 MURO、GAGLE、ZEEBRA等これまで数々のゲストワークをこなし、評価を得てきた彼はまさにKGEの客演王であり、それらの楽曲で構成されたMIX CD、SHADOWMEN LOVES COMPANYも好評である。 またの名をシャドメン。 鎮座DOPENESS 1981年生まれ。東京・調布生まれ国立育ち。 ヒップホップ、ブルース、レゲエなど様々な音楽がミックスされた カメレオンのような音楽性と、 フロウや韻における際立った独創性、 ブルージーかつフリーキーな唄心をあわせ持つ異才MC 「M6.小こい円盤 feat. 菅原信介」 菅原信介 宮城出身のシンガーソングライター。 高校1年生の時に、地元仙台のクラブやライブハウスで活動を始める。 2009年に上京。 2014年6月に1st album「ときめきスイッチ」をリリース。2017年10月に完全会場限定のセルフプロデュース作品「鉄の兵士」をリリース。 上京した8年前から無告知の路上ライブをずっと続けており、居酒屋の流しライブから、菅原信介ワンマンライブ、全国各地で年間100-150本以上のライブを行っている。 ソウルフルで泥臭く、ハートフルでダイナミック。ハチャメチャだけど最高にあったかいライブパフォーマンスは、唯一無二。 神出鬼没かつ、自由でエネルギッシュなライフワークとバイタリティーで、今日も全国津々浦々、どこかの街で歌を響かせている。 「M10.日日Living feat. Mitsuyoshi Nabekawa (ATATA)」 Mitsuyoshi Nabekawa ex.HOLSTEIN, ex.BANDWAGONなどに在籍していたメンバーで形成されているスペシャルなバンド、ATATAのヴォーカル http://atataweb.com/