空間現代 × 坂本龍一 / ZURERU [12inch]
5b7f99e2ef843f76f00018f2 5b7f99e2ef843f76f00018f2

空間現代 × 坂本龍一 / ZURERU [12inch]

残り2点

¥2,484 税込

¥25,000以上の購入で送料無料

送料についてはこちら

トラックリスト: A-1 空間現代 × 坂本龍一 - ZURERU B-1 空間現代 - SUUJI B-2 坂本龍一 - SUUJI REMODEL <プロフィール> 坂本龍一 1952年東京生まれ。1978年『千のナイフ』でソロデビュー。同年『YMO』を結成。散開後も多方面で活躍。『戦場のメリークリスマス』で英国アカデミー賞を、『ラストエンペラー』の音楽ではアカデミーオリジナル音楽作曲賞、グラミー賞他を受賞。常に革新的なサウンドを追求する姿勢は世界的評価を得ている。環境や平和問題への言及も多く、森林保全団体「more trees」の創設、「stop rokkasho」、「NO NUKES」などの活動で脱原発を表明、音楽を通じた東北地方太平洋沖地震被災者支援活動も行っている。2013年は山口情報芸術センター(YCAM) 10周年事業のアーティスティック・ディレクター、2014年は札幌国際芸術祭2014のゲストディレクターとしてアート界への越境も積極的に行っている。2014年7月、中咽頭癌の罹患を発表したが、1年に渡る治療と療養を経て2015年、山田洋次監督作品「母と暮せば」とアレハンドロ・G・イニャリトゥ監督作品「レヴェナント:蘇えりし者」の音楽制作で復帰を果たし、2016年には李相日監督作品「怒り」の音楽を担当した。 2017年春には8年ぶりとなるソロアルバム「async」を発表。 https://www.skmtcommmons.com/ 空間現代 2006年、野口順哉(Gt,Vo)、古谷野慶輔(Ba)、山田英晶(Dr)の3人によって結成。 編集・複製・反復・エラー的な発想で制作された楽曲をスリーピースバンドの形態で演奏。これによるねじれ、負荷がもたらすユーモラスかつストイックなライブパフォーマンスを特徴とする。 2016年9月、活動の場を東京から京都へ移し、自身の制作および公演の拠点としてライブハウス「外」を左京区・錦林車庫前に開場。 新たな試みとして、60分のライブ作品の制作を開始。2016年発表「擦過」、2017年発表「オルガン」。 地点、Moe and ghosts、飴屋法水、吉増剛造、Contact gonzoなど、先鋭的なアーティスト達とのジャンルを超えた作品制作も積極的に行う。 http://kukangendai.com/