予約 - 葛西おしゃらく保存会、他 / おしゃらく[LP]
5bc2cc4b626c8474cb0002ca

予約 - 葛西おしゃらく保存会、他 / おしゃらく[LP]

¥2,700 税込

¥25,000以上の購入で送料無料

送料についてはこちら

もう言わずにいられない「ジジィババァの芸は最高だな!」《俚謡山脈監修シリーズ》第四弾!!! 東京の芸能「おしゃらく」伝説の録音の初蔵出し。明治生まれの芸達者達による 最強のパス・ザ・マイク・セッションまでも収録した全28曲、これぞ良い声、良い唄の大洪水! 東京にも民謡ってあるの?と問われたら答えたい「東京こそ唄の宝庫だ!」と。東京五輪によって急速に失われた古き良き東京をはっぴいえんど(松本隆)は「風街」という架空の街に見立てたが、「風街」とは別の東京、農民漁民や船頭が生きていた東京がつい数十年前まで存在していたことを、一体どれほどの人が知っているだろうか?毎月念仏講(※1)が催され、農作業や土木作業で唄う作業唄があり、晴れの場では祝い唄を全員で唄い、夏が来れば盆踊りで死者の霊を慰めた。 今回紹介するのは、東京の江戸川区および隣接する千葉の浦安に残されていた「おしゃらく」という芸能だ。おしゃらくは念仏講で歌い踊られていた念仏踊りを起源とし、そこに遊芸人である瞽女や飴屋の唄、江戸のはやり唄などを取り込みつつ高度に発展を遂げた「民謡と民俗芸能のハイブリッド」とでも言うべきもの。この芸能は関東一円に広がっており、「万作踊り」「小念仏」の名でも知られるが、おしゃらくはその中で最も複雑かつ洗練された芸能だ。達者な三味線、モーラム(※2)にも引けを取らない節回しの唄、踊り手を鼓舞するように快調なビートを刻む鉦と太鼓。民謡には「素人の良さ」があるのは確かだが、ここに登場する人々は「芸達者中の芸達者」だ。 本作の音源は、現在も葛西おしゃらく保存会の会長を務める藤本秀康氏が昭和40 ~ 50 年代に自ら録音 した膨大な量の所蔵テープを、菅井健(SUGAI KEN)が労をいとわずデジタル変換し、そこから俚謡山脈 が藤本氏と共にセレクトした。アレマイユ・エシェテ(※3)のような歌手が日本にもいたらな~と夢想 したことがある人に教えたい、小川金蔵、長谷川米吉、高橋八五郎、藤代伝八、等々、全員素人だがプ ロ以上の声を持った達人たちが東京と千葉にいたのです!と https://emrecords.bandcamp.com/album/osharaku =LP 版(1 枚もの)= ※CD ディスク1 からの抜粋と、LP 版のみのトラックを追加収録。 =CD ディスク1:『おしゃらく』=  01. 高砂(そうだい節) ー 唄:吉野政五郎  02. 木更津(そうだい節)ー 唄:高橋八五郎  03. 白枡粉屋   ー 唄:長谷川米吉  04. 新川地曳   ー 唄:長谷川米吉  05. 細田の川   ー 唄:岩田栄吉  06. 髭題目    ー 唄:鈴木きん  07. 日蓮記    ー 唄:峰崎佐吉  08. 宮台坂    ー 唄:御前正雄  09. 世直し    ー 唄:小川金蔵  10. 鉄火節    ー 唄:藤代伝八  11. ねんねん子守 ー 唄:小川金蔵  12. よかよか飴屋(鈴木主水) ー 唄:高橋八五郎 ※注釈 1)念仏講   主に浄土宗系の信者が、集まって念仏を唱える儀式のこと。同時にその集団自体を指す。   念仏が済むと、持ち寄った食事を食べたり、唄や踊りで楽しんだ。宗教儀式というよりは、   今で言うところの老人クラブに近い。 2)モーラム   ラーオ系の芸能でラオスやタイ東北地方イサーンが本場。モーは達人、ラムは声調に抑揚   をつけながら語る芸能。つまり“ 語りの達人” で、その歌手と芸能の両方をさす。   モーラムは ” 歌 ” ではない。 3)アレマイユ・エシェテ (Alemayehu Eshete)   エチオピアのジャズ/歌謡歌手。1941年生まれ。エチオピア独自のフィーリングを色濃く残した   その節回しでジャズやロックを堂々と乗りこなし、エチオピアのエルヴィスという異名を取った。