DEVIN MORRISON / BUSSIN’ [2LP]
5cc80c935845c8285d7f26f5

DEVIN MORRISON / BUSSIN’ [2LP]

残り1点

¥3,402 税込

¥25,000以上の購入で送料無料

送料についてはこちら

フロリダ州オーランド出身のDevin Morrisonが初のソロアルバム「Bussin’」をリリース。 プロデューサーとしてKojoe, Fitz Ambro$e, Budamunk, 5lack達と共演している 話題の人物Devin Morrison! プロデューサーとしてKojoe, Fitz Ambro$e, Budamunk, 5lack達と共演している 話題の人物Devin MorrisonがONRA主催のレーベルNBN Recordsより初のソロアルバム「Bussin’」をリリース。 フロリダ州オーランド出身のDevin Morrison(デビンモリソン)が初のソロアルバム«Bussin’(バッシン)»をNBN Recordsからリリースする。 フロリダで“Bussin’”と言えば「驚くほど素晴らしい」ことを意味し、今回のソロアルバムのトラックも90年代のR&B、ゴスペル、ファンクをインスピレーションに、様々なフレーバーを組み合わせた素晴らしい一枚に仕上がっている。 Devin Morrisonはシンガー/ソングライター/作曲家と多彩な才能を持ち、グラミー賞ノミネートアーティストのKINGや、L.A.出身の美声を放つ若手アーティストJoyce Wriceの”With You”,今新たに注目を集めるAce Hashimotoの”Guaranteed” など数々の才能溢れるR&Bシンガーとのコラボレーションを実現。90年代の甘いR&Bを彷彿とさせるフロリダスタイルのスウィートサウンドを世界に向けて発信している。 本アルバムのイントロダクショントラック「It's Time」は、Dah-Viとして知られる90年代初頭のソロ・レコーディング・アーティスト、Devinの実父によるギター演奏をフィーチャー。また、彼の兄Lakks Mableのボーカルをフィーチャーしたスピリチュアルな曲「Fairytale」も収録されており、彼の才能のルーツにも触れられる。エンディングトラックには内向的なアプローチから自己愛を表現した「Love Yourself」を収録し、アルバムの最後を締めくくっている。 Devin MorrisonはTwitterでこうつぶやいている。 "自分が生きている限りR&Bも生き続ける”。 R&B界における彼のクリエイティビティへの期待は大きく、これからも世界に向けて彼の音楽を発信していく事だろう。 Track List 1. It's Time feat. Dah-Vi 2. With You feat. Joyce Wrice 3. Guaranteed feat. Ace Hashimoto 4. Be Aiight 5. The Call (407) feat. KING 6. No 7. Birthday 8. Bussin' 9. The Struggle Iz Real feat. Daz Dillinger 10. Fairytale feat. Lakks Mable 11. Love Yourself 12. L.O.V.E.(CD Only Bonus Track) Devin Morrison-Biography Devin Morrisonは共にミュージシャンであった両親の三男としてフロリダ州オーランドに生まれる。祖母の願いから、5歳でピアノを始め、18歳になる2004年には自身のオリジナル曲の作曲を始める。その後2009年にGelnn Feitと共にデジタルオーディオプロダクションを本格的に学び始め、その後オークウッド大学で作曲家兼レコーディングアーティストのAdriana Pereraの元で、音楽の研究を深めていく。 オークウッド大学在学中の2012年には、Encore Festival of Compositionにおいて第1位を受賞し、同校の合唱団であるThe Aeolians of Oakwood Universityと共演。卒業年の最後の1年間は、プロのコンポーザーとして合唱団とオーケストラのための作曲を手がける。 2016年には作曲とレコーディングの学士号を取得。 翌年2017年には東京に移住し、プロデューサーとしてKojoe, Fitz Ambro$e, Budamunk, 5lackなど数名のアーティストとコラボレーションを果たしている。また同時に、”Dream”, “Surrealism”, “Nostalgia”という三つのインスピレーションの融合から創り出される彼の独自ジャンルである”Dream Soul”の制作も始まる。 CommissionedやTake6は明らかに彼のスタイルであり、彼の作曲スタイルはDonal Fagenやを矢野顕子を彷彿とさせるが、実際のところの音楽性は多彩な才能を持つ彼の家族、”Morrisons”と、やはり90年代初頭にDah-Viの名を冠してリリースしたレコーディングアーティストである父親の影響が強いといえる。Devinは現在カリフォルニア州ロサンゼルスに拠点を移し、様々なアーティストやプロジェクトのプロデュースに携わっている。