{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/1

レコードの日2022 - 富樫雅彦 - 高木元輝 / Isolation [LP]

残り1点

4,620円

¥50,000以上の購入で送料無料

送料についてはこちら

Label - 日本コロムビア/HMV Genre - Japanese/Jazz Cat no - HMJY-179 Release - 2022.12.3 映画『略称・連続射殺魔』のための音楽。富樫雅彦と高木元輝が挑んだのは“即興演奏の極限”だった。1969年、日本のフリージャズの真実がここに。 1969年に制作された映画『略称・連続射殺魔』(足立正生監督)。 連続射殺犯、永山則夫を題材とした、いわゆる風景論映画である。 音楽を依頼された富樫雅彦は、高木元輝とのデュオで3曲を録音。これを後に編集したものが本作『アイソレーション』だ。 富樫は「人間の心を作曲するというのもおかしいと思った」と言い、録音は“全的な即興演奏”で行われた。 監督の足立も後年「(富樫と高木に)画面とどれだけ戦争できるかというセッションをしてもらった」と述べている。 録音は1969年12月。 この年は日本のフリージャズが大きな潮流として顕在化する時期。 なかでも本作はシーンの中心人物であった富樫と、こちらも中核で強い存在感を放っていた高木が「即興演奏の極限に挑戦した」と語る重要作。 まさに日本のフリージャズ最高峰の1枚である。 トラックリスト: Side A Isolation I Side B Isolation II Drums, Vibes, Marimba, Tubular Bells, Timpani: 富樫雅彦 Tenor Sax, Bass Clarinet: 高木元輝

セール中のアイテム