{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/1

3/27 - haruka nakamura - 中島ノブユキ / soiree (take 3) - Valsa de Euridice [7inch]

残り3点

2,200円

¥50,000以上の購入で送料無料

送料についてはこちら

※ 2024年3月下旬 発送予定

-予約商品のオーダーに対してのご注意- 商品によっては予告なく発売、出荷延期する場合やショート,ご用意できない場合もございます。 また商品によっては発売日までに値段変更する可能性がございます。その際はご連絡致しますのでご理解の程 お願い致します。 海外からの搬送の都合上、商品の外装にスレ/ワレ等がある場合がございます。 予約商品もご購入を完された時点で決済が行われます。ショートした際は御返金の手続きを行いますが延期された場合などに関しましても決済は完了されておりますのでご理解の程お願い致します。 また予約商品と現在、在庫がある商品をまとめてオーダー頂いた場合は全ての商品が揃い次第の発送となりますのでそちらもご理解の程お願い致します。 上記の注意事項を持ちまして キャンセル,交換等の対応が出来兼ねますので、予めご了承の上でご注文頂きますようお願い致します。 Label - Insense Music Works Genre - Japanese/Pops/Jazz Cat no - IMWVR-1030 Release - 2024.3.27 選曲・監修=橋本徹×アートワーク=藤田二郎、そしてジャズ~チルアウト~バレアリックの日本のトップ・アーティストCalmがマスタリングを手掛ける新コンピ・シリーズ 「Incense Music」の第1弾『Incense Music for Bed Room』からの7インチ・シングル・カット! ■同コンピのためにharuka nakamuraが録り下ろした最新トラックを収めたSIDE-Aは、Bill Evansの名曲「soiree」へのオマージュとなる素晴らしい作品。SIDE-AAにはJane Birkinの音楽監督としても知られる世界的な作曲家/ピアニスト、中島ノブユキの2006年のファースト・アルバム 『エテパルマ』からVinicius de Moraesの名曲カヴァー「Valsa de Euridice」を収録! ■国内外のアンビエント~ジャズ~チルアウト~バレアリカ~ポスト・クラシカル~ジャジー&メロウ・ビーツを心地よい生活の中の音楽として提案する究極のライフスタイル・コンピ第1弾は、Bed Room(寝室)で過ごす時間に最適な心安らげる音楽をコンパイル。このアルバムに収録された新録音を含む7インチ・ヴァイナル2タイトルのリリースが実現、レコードでもアルバムを代表する素敵な音楽をお楽しみください。 ■同時発売の7インチ・シングル(IMWVR-1030)は、Uyama Hirotoの新録音によるPharoah Sandersの名曲カヴァーと、武田吉晴によるスピリチュアル・メロウな名作をカップリング! ★Artists Profile ■haruka nakamura https://www.harukanakamura.com/ 音楽家/青森出身 15歳で音楽をするため上京。代表作は「スティルライフ」、THE NORTH FACEとのコラボレーション「Light years」シリーズなど。最新作は蔦屋書店の音楽「青い森」代官山蔦屋書店を中心に全国展開中。近年では星野道夫・写真展演奏会「旅をする音楽」や、国立近代美術館「ガウディとサグラダファミリア展」、NHKスペシャルのテーマ音楽などを担当。min_ perhonenのコレクション映像音楽やライブ、写真家・川内倫子、料理家・細川亜衣、ミロコマチコ、原田郁子、sundaysfoodなどとのコラボレーションライブなど活動は多岐に渡る。NHK土曜ドラマ「ひきこもり 先生」、安藤忠雄、杉本博司などのドキュメンタリーなど様々な音楽を担当。 長い間、旅をしながら音楽を続けていたが、2021年より故郷・北国に暮らし音楽をしている。(オフィシャルサイトより) ■中島ノブユキ https://www.nobuyukinakajima.com/ 作曲家、ピアニスト。NHK大河ドラマ「八重の桜」、映画「人間失格」、「悼む人」等の音楽を担当。畠山美由紀、菊地成孔/ペペ・トルメント・アスカラール、CALM、らのアルバム制作、コンサートツアーに作編曲家/ピアニストとして携わる。2017年、渡仏。ジェーン・バーキン ワールドツアー「Via Japan(世界80公演)」、「Gainsbourg/Le Symphonique(世界75公演)」に編曲家、ピアニスト音楽監督として参加(それぞれCD化)。フランスの伝説的シンガー、アラン・シャンフォー「DANDY SYMPHONIQUE」にも同様に音楽監督を務めた。近年ニースオペラ座にて世界初演された「Piaf Symphonique」音楽監督(オーケストラ編曲及びピアニスト)の世界ツアーも継続中。2024年シャルル・アズナブール生誕百年を記念するオーケストラ作品「AZNAVOUR 100 ANS」がニースで初演、その後、世界ツアーが予定されている。ソロアルバム『エテパルマ』、『メランコリア 』、『散りゆく花』等を発表。また担当した映画、ドラマ作品のオリジナルスコアが多数リリースされている。(オフィシャルサイトより )

セール中のアイテム