{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/1

4/20 - スチャダラパー - 小西康陽 feat. 甲田益也子 / おしゃれミドル - 東京の屋根の下 [7inch]

2,200円

¥50,000以上の購入で送料無料

送料についてはこちら

※ 2024年4月下旬 発送予定

-予約商品のオーダーに対してのご注意- 商品によっては予告なく発売、出荷延期する場合やショート,ご用意できない場合もございます。 また商品によっては発売日までに値段変更する可能性がございます。その際はご連絡致しますのでご理解の程 お願い致します。 海外からの搬送の都合上、商品の外装にスレ/ワレ等がある場合がございます。 予約商品もご購入を完された時点で決済が行われます。ショートした際は御返金の手続きを行いますが延期された場合などに関しましても決済は完了されておりますのでご理解の程お願い致します。 また予約商品と現在、在庫がある商品をまとめてオーダー頂いた場合は全ての商品が揃い次第の発送となりますのでそちらもご理解の程お願い致します。 上記の注意事項を持ちまして キャンセル,交換等の対応が出来兼ねますので、予めご了承の上でご注文頂きますようお願い致します。 Label - 日本コロムビア Genre - Japanese/Hiphop/Pops Cat no - COKA-101 Release - 2024.4.20 トリビュート・アルバム「世紀のうた・心のうた -服部良一トリビュート-」からの7inchカット! 日本ポップスの先駆者である作曲家・服部良一。 服部良一はブギの女王・笠置シヅ子の諸作品をはじめ、舶来のリズムやメロディ、ハーモニーを採り入れた日本ポップスの先駆的な 楽曲を数多く生み出しました。 そんな服部良一への敬意を多くのアーティストが表現したトリビュート・アルバム「世紀のうた・心のうた -服部良一トリビュート-」から注目の楽曲が7inchカット。 スチャダラパーによる淡谷のり子「おしゃれ娘」をサンプリングした中年ストリート・ファッション讃歌「おしゃれミドル」と小西康陽によるプロデュース、矢舟テツロー・トリオと田辺充邦による演奏に甲田益也子をボーカルに迎えた洒脱なジャズ・ナンバー 「東京の屋根の下」(オリジナル:灰田勝彦)の2曲を収録。 トリビュート作品の中でも特にVinylライクな楽曲がカップリングされた待望の7inchです。 トラックリスト: <A面> おしゃれミドル(作詞:M.KOSHIMA/ Y.MATSUMOTO/ S.MATSUMOTO 作曲:M.KOSHIMA/ Y.MATSUMOTO/ S.MATSUMOTO) / スチャダラパー (オリジナルアーティスト:淡谷のり子) <B面> 東京の屋根の下(作詞:佐伯孝夫 作曲:服部良一 編曲:小西康陽) / 小西康陽feat.甲田益也子 (オリジナルアーティスト:灰田勝彦) スチャダラパー プロフィール: ANI、Bose、SHINCOの3人からなるラップグループ。 1990年にデビューし、1994年『今夜はブギー・バック』が話題となる。 デビュー30周年を迎える2020年にアルバム『シン・スチャダラ大作戦』を発売。 2021年5月にnever young beachとのコラボレーションユニット『スチャとネバヤン』名義で『ネバやんとスチャやん』を含む2曲をリリー ス。 2021年11月に、これまで約10年にわたり刊行してきた冊子『余談』を、編集、加筆した書籍『大余談』を発売。 2023年4月にシングル『リンネリンネリンネ feat. ロボ宙 & LUVRAW』を配信し、4月16日に『祝・日比谷野音100周年 スチャダラ2090』 を開催した。 小西康陽 プロフィール: 音楽家。'85年、ピチカート・ファイヴのメンバーとしてデビュー。 解散後も、数多くのアーティストの作詞/作曲/編曲/プロデュースを手掛ける。 '11年、PIZZICATO ONE名義で初のソロアルバムを発表。 '15年、セカンドアルバム『わたくしの二十世紀』を発表。 '20年、ビルボードライブにおけるワンマンライヴの模様を収録したライヴアルバム『前夜 ピチカート・ワン・イン・パースン』を発表。 甲田益也子 プロフィール 1985年 作編曲担当の木村達司と結成の音楽デュオ「dip in the pool 」にてヴォーカルと作詞担当。イギリスのラフトレードからエンジ ニア小野誠彦プロデュースによる「Silence」にてレコードデビュー。 以後「dip in the pool」名義で10枚のアルバムをリリース。またソロとしては、細野晴臣、清水靖晃、ゴンザレス三上(GONTITI)、TEI TO WA等豪華作曲家、プロデューサーを迎えた「Jupiter」をリリース。 近年、アムステルダムのレーベル Music From Memory からリイシューされた「On Retinae」の世界的再評価がきっかけとなり、国内外 からのライブ、楽曲コラボレーションオファーも多く、若い世代との時空差間交流も。

セール中のアイテム