CD
MAHBIE - SPACE BROTHERS [CD]
59df4e5ac8f22c455a0016ff

MAHBIE - SPACE BROTHERS [CD]

残り2点

¥2,160 税込

送料についてはこちら

田我流、Bobby BellwoodをFeatしたアルバムタイトル曲「Space Brothers」はクラシック認定!! 岩手の大地に育まれたビートレスラー=MAHBIE待望のファーストアルバムが完成。SP-404を操り、全国各地でビート巡業を重ねて培った独自のグルーヴ/サンプリング・センス際立つ、黒さに溢れるハイブリッドなビート /サウンドが世界を温かく揺らす!岩手県・盛岡のJazzy Sportに世界中から届けられるニュータイプのビートや、町のリサイクルショップで掘り起こしたカビ臭いネタレコードにまみ れて、音楽の旅をスタートしてから十数年・・・・。SP-404を操り、ワン&オンリーなグルーヴ/サンプリングセンスをもって、全国各地でビート巡業を重ね、黒さ溢れるハイブリッドなビート/サウンドに磨きを掛けてきたビートレスラー=MAHBIE。2017年、待望のフルアルバム『Space Brothers』をリリース。胸に響くピアノ・リフレ インと共にアルバムの幕開けを飾る「Party Over」、Jamalライクなフレーズを織り交ぜ、熟練のヒップホップな 耳を引き寄せつつレゲエ・ダブも感じさせるフレッシュなグルーヴ/サウンドを届ける「Mahbie's Step」、J Dillaの意匠を感じさせる「Take It Two」、"鳴り”の良さの際立ちとズルムケのグルーヴ感に圧倒される「P.O.H.」と、新感覚のハイブリッドなヒップホップ・サウ ンドの中に、黒さや懐かしさ、優しさを織り込むMAHBIE節 が展開されていく前半。そしてアルバム・タイトル曲にしてハイライトと呼べるスペシャルナンバー「Space Brothers feat. 田我流, Bobby Bellwood」では、現在の拠点である山梨に て交流を続ける田我流、そしてMAHBIEが心の師 と仰ぐBobby Bellwoodとのコラボレーションが実現。田我流による未来や過去へ向けた時空を超えるリスペクト溢れるピュアなリリックは涙腺を掻き乱し、Bobby Bellwoodによるご機嫌なバックコーラスが不変のソウル感を増幅させていく。音楽史に名を残すあの曲のフレーズも深く織り込まれ、クラシック認定を決定づける名曲になっている。そして後半からは、AORディスコ、ブラジリアン・レアグルーヴのソース/テイス トを感じる2曲のビートダウン的ダンストラックを展開し、Count Bass DやSlum Villageへのオマージュも内包した楽曲「Ascension」、ハートウォームなオルガンが最幸の音時間 を彩るラストTRK「Yoake」と、自身の音楽人生の集大成と呼ぶに相応しいサウン ドを送り届ける。Jazzy Sport部屋から世界の土俵 へ。岩手の大地に育まれたビートレスラーMAHBIEのサウンドが世界を温かく揺らす! TRACK LIST : 1. Party Over 2. Good S***it 3. Mahbie's Step 4. Take It Two 5. P.O.H. 6. Space Brothers (feat. 田我流, Bobby Bellwood) 7. Yes I do 8. City Hunter 9. Cosmo 10. Merry Christmas Mr. Patrasche 11. Ascension 12. Yoake [ 推薦コメント ] 「ライムス主催フェス「人間交差点」における田我流 feat. stillichimiya のステージで張り手をブチかましていた漢は、とてつもなくハイセンスなビートも作ってしまうということが判明!ものすげ~角度から現れたゼ!」 DJ JIN (RHYMESTER/breakthrough) 「タイトでハイブリッドな黒さの中にどこか懐かしく柔らかい旋律が耳に心地良いMAHBIEワールド凝縮のファーストアルバム!」 DJ KIYO (Royalty Production) 「窓を開けたら気持ちいい風が入ってきた 景色が浮かぶ音のドライブ なんかの映画みたいだ 」 MACKA-CHIN(NITRO MICROPHONE UNDERGROUND) 「待ってました!マイメンMAHBIEのアルバム! 才能溢れる盛岡のアーティストの中でも独自のグルーヴやサンプリングセンスを彼には感じ、そのうち北のクラシックを作る男だなーと確信していました。 活動は東北から全国に、世界にも轟くプロダクションだと思う。 確実に東北のヒップホップ、ビートシーンを支える1人。これからガンガン上がってこう!!ドスコイ!! 」 grooveman Spot (ENBULL/Jazzy Sport/TettoryBLK/77 Karat Gold) 「昨年東京で知り合って、それから音源聴かせてもらって大ファンになったMahbieくん。その優しい人柄。黒の瞳の奥にある黒。黒の情緒。怒涛。一音、個々の蠢き。グラデーションとたまにギャグ。難しいこと抜きにして、このアルバムを聴くとすぐに日常に戻れる。そして笑顔になる。そんな気がしました。曲つくろう!」 KEITA SANO 「レトロフューチャーなビート達」 Text by CHOKU (Jazzy Sport Morioka) 岩手の B-BOY 駆け込み寺としても機能していた“JAZZY SPORT MORIOKA”。 そこに駆け込んで来たぽっちゃり体型のマービー。世界中から 盛岡上の橋に届くニュータイプなビート、そして町のリサイク ルショップで掘り起こしたカビ臭いネタレコードにまみれて音 楽の旅へ出発、いや音楽の底なし沼に頭からダイブしていった のを覚えている。それが 2005 年あたりの話。そんな音楽の底 なし沼で沢山の仲間に出会い、数え切れないパーティーを経験 し、四股を踏んだ。“DOSCOY BEAT SAMPLER”。汚い字で書か れた CDR を 2011 年夏に貰う。2012,13,14,15,16, 会うたび にボトムは太くなり、上ネタは時に攻撃的、そしてソウルを帯び て行った。2011 年の最初のデモで感じたオリジナリティーは どんどんブラッシュアップされて行った。自分の中で勝手にアル バムを作るイメージでお気に入りのトラックをチョイスしては 楽しんでいた。 そのアイディアをマービーに打ち明けてこのプロジェクトは 立ち上がった。アルバムは「Party Over」から幕を開ける。 夜通し大好きな音楽を浴びて過ごしたパーティー終了の朝から インスピレーションが降ってくる。そんな曲。朝陽を浴びなが らランニングするランナー達にも聞いてもらいたい「。何かが始 まる」そんな感情を揺さぶられる。チープな Jazz Fusion サンプ ルをマービー風に再構築した Skit 的な「Good S***it」をはさみ、 「 M a h b i e ' s S t e p 」へ 。 2 0 1 2 年 に 生 ま れ た こ の 曲 は 自 分 が マ ー ビーのデモで最初にクラブプレイした曲。De La Soul “Stakes Is High”での JAY DEE がサンプリングした Jamal のあの 曲のフレーズを匂わせ、撒き散らしながらじわじわと攻撃 してくるドープな曲。2mix データしか残っておらず頭を抱 えていたが、マスタリングでよりラウドになり息を吹き返 す。そしてより攻撃的な「Take It Two」へ。夜通し機材に向 かって四股を踏んだ成果、シンセは重厚かつ立体的に重な り更に J Dilla の“Ruff Draft”の中の interlude のあのフレー ズが舞い降りる。勢いは更に衰えることなく 5 曲目の 「P.O.H.」へ引き継がれる。東と西のヒップホップクラシッ クをマービーがちゃんこするとこうなる。少なくとも盛岡 のフロアでは寄り切って押し出せる大関クラスの曲。そし て、いよいよアルバムタイトル曲「Space Brothers feat. 田 我流 ,Bobby Bellwood」。この曲は当初インストで収録予定 であったが、マービーが仕事の関係で山梨に移住して田我 流と親交を深めて行くうちに完成させてしまった。夜通し 音楽で四股を踏んで鍛え続けたからこそ起こせたサプライ ズだろう。聞けばわかる完成度の高さ。田我流による未来 や過去へ向けた時空を超えるリスペクト溢れるピュアなリ リックには涙腺を掻き乱されるし、マービーの心の師 Bobby Bellwood によるご機嫌なバックコーラスで不変の ソウル感が倍増。音楽史に名を残すあの曲のフレーズが深 く織り込まれ、思わずニヤついてしまう。クラシック認定を 軽く合格してしまう良曲だと思う。タイトル曲で上気した 気分と心拍数を乗せてアルバムの後半に向けてまだまだ ダンスさせてくれる。「Yes I Do」はあの大ネタ。さらに 「 C i t y H u n t e r 」は ブ ラ ジ リ ア ン レ ア グ ル ー ヴ 。 こ の 辺 り の ダンスフロアへ向けたトラックも幾度となくパーティーを 繰り返してきたマービーのフィードバックが入っている。 ダンストラックが 2 曲続いてクールダウンにぴったりな 「Cosmo」へ。夜空から降り注ぐ星達と鳴りが温かい ベース。オープンマインドで深く染み込ませたい。そして 「 M e r r y C h r i s t m a s M r . P a t r a s c h e 」。 こ の 曲 は 雪 積 も る クリスマスシーズンにぴったり照準を当てている。季節 物クラシックも狙うマービー。この辺りから、アルバム はラストトラックに向けて、おセンチメンタリズム剥き 出しで進む「。Ascension」はマービーの音楽人生の現時 点での集大成的な曲で、Count Bass D“7Years“、Slum Village“Fall In Love“の フ レ ー ズ が 登 場 す る。Count Bass D に関しては東北ツアーの際、秋田から盛岡へ移 動の運転手として過ごした珍経験もあって、その事も マービーにとって大きなモチベーションになっていたん だろう。じっくりと進みながら過去と今を繋いでくれる 大好きな曲だ。そして、ファイナルチューン「Yoake」。 やはり着地はパーティが終わった後の朝。明るくなって 人もあんまり歩いていない田舎の町のクラブ前、意識を 半分飛ばしながらタクシーを待つ人に向けた感じだろ うか、いや、この曲は色んな人や景色にシンクロできる懐 かしい匂いを放っている。 「DOSCOY BEAT SAMPLER」を作り続けたマービーは、 この 12 トラックで JAZZY SPORT 部屋から世界の土俵へ上がる。 PROFILE : MAHBIE (WATER POINT/HEZ VIRUS) 岩手の大地に育まれたビートレスラー。山梨在住。SP-404を操り各地でBEAT LIVE巡業を重ねる。DJ KIYO、DJ CHOKU、grooveman SpotのMIX CDへのTUNE INを経て、自身のビート集"FLYDAY NIGHT BLUES EP"を発表。2017年にはAPPI JAZZY SPORTにトップバッ ターとして出場。最近は田我流のBACK DJもこなす。生きとし生けるものすべてに感謝し、ユルクフトクアソンデイル。